生活と太陽光発電の力 太陽光発電が急増する理由がわがります!

環境問題に関心がもてて導入してよかったです

我が家は東日本大震災の際に計画停電があるかもしれないという話を聞き、太陽光発電の導入を検討することになりました。
色々と複数のメーカーや業者で見積もりをとり、補助金もあったこともあって、現在のメーカーの太陽光パネルを導入するに至りました。
nullコスト的には補助金があったとはいえ、初期投資で200万円近くかかりました。
いい太陽光発電パネルは発電量もいいので、回収した後もたくさんの売電ができるようにと発電力の高いものを選びました。
幸い、我が家は南向きに屋根があったので非常に発電量が多いそうです。
家の向いている方向や屋根の形によっても発電力には差があるようですので、実地調査をお願いするのがいいかと思います。
実際、導入してよかったことは、コスト的にはまだ実感はないのですが、子供たちが環境問題に興味を持ってくれたことです。
おそらく、太陽光発電パネルを導入していなかったら、電気代とか再生エネルギーとか、
我が家で話題にあがることはなかったと思います。
でも、夏休みの自由研究で再生可能エネルギーについて調べたり、実際に太陽光発電パネルの構造について興味をもったりと、副次的にいい教育ができているのではないかと実感しています。
電気代を節約して使ったときは売電の量も多いので、家族で喜んでいますし、なるべく売電の量を多くするために家族で取り組んでいるといったところです。
子供の環境教育って難しいですが、太陽光発電パネルの導入でだいぶ助けられたと思います。
それが導入してよかったことかなと思います。

生活と太陽光発電の力 is powered by WordPress | Entries (RSS) and Comments (RSS)| Partnerprogramm Theme