生活と太陽光発電の力 太陽光発電が急増する理由がわがります!

太陽光発電の効率について

太陽光発電を行う場合、ソーラーパネルが受けた太陽光がすべて電気になるのであれば、かなりの電気を発電することが可能となります。
ですが、実際には受けた太陽光すべてが電気になるわけではありません。
実は、太陽光の波長には、太陽電池が吸収したとしても残念ながら電力に変換できない波長成分が多く含まれているからです。
そのため、太陽光すべてを電気にすることはできず、その変換効率は10%とか20%となっているのが現状です。
ちなみに、変換効率ですが、正確にはモジュール変換効率といいます。
これは1平方メートルあたりどれくらい発電できるか、ということになります。
太陽光エネルギーを100%としたとき、発電できるのはどれくらいなのかを数値で表示することになります。
さて、その変換効率ですが、実はメーカーによってかなりの差があります。
そのため、10%とか20%というようにその数値には開きがあるのです。
また、この効率が高いほど、実は1KWあたりの相場の価格も高くなるという傾向にあります。
つまり、太陽光発電を導入する場合の費用にもかなり差が出てくることになるのです。
したがって、太陽光発電を導入しようとする場合は、変換効率についてもしっかりと調べる必要があります。
例えば、屋根の大きさがかなり大きなおたくであれば、大きなソーラーパネルを設置することができます。
その場合は、それほど高い変換効率のものにする必要はあまりありません。
ですが、屋根の大きさがあまり大きくない場合は、発電量をしっかりと確保する必要が出てきます。
屋根の大きさに合わせるとあまり大きくないソーラーパネルの使用となりますが、それでも十分な電気を発電する必要が出てきます。
そのため、変換効率の高いものを設置する必要が出てくるのです。
ちなみに、太陽光発電を行う場合、単結晶シリコンタイプが一番発電効率が高いといわれています。
したがって、そういうソーラーパネルを使用したいと考えている人は、それを使用しているメーカーに依頼するのがベターといえます。


生活と太陽光発電の力 is powered by WordPress | Entries (RSS) and Comments (RSS)| Partnerprogramm Theme