生活と太陽光発電の力 太陽光発電が急増する理由がわがります!

年間の電気代について

日中家にいる人と、仕事をしていたりして日中家をあけている人など、生活様式の違いによってもかなり電気代は違ってきます。
やはり日中家にいるほうが高くなってしまう傾向にあります。
また、これは日中だけではなく、家にいる時間が長い人のほうが、電気代は高い傾向にあるといえます。
これは、私たちの生活がかなりたくさんの電化製品に囲まれて成り立っているものだからです。
生活を成り立たせるためには、どうしても電気の使用をやめることはなかなか難しいといえます。
また、日本には四季があります。
冬と夏ではかなりの気温差があります。
四季がある理由としては、地球が公転していることと、地軸が傾いていることが要因となっています。
そのため、日本はそれぞれの季節で平均気温も違うし、日中の長さも違っています。
もちろん平均日照時間も違ってきています。
したがって、日本では年間の電気代には波がある状態といえます。
寒い時期や暑い時期などはどうしても電化製品を使用してしまうので、電気代は高めとなってしまいます。
ですが、過ごしやすい時期は冷暖房も必要なくなるので、その分電気代は安くなるのです。
では、太陽光発電を導入した場合の年間の電気代はどのようになるのでしょうか。
太陽光発電を導入した場合、電気代はかなり安くなります
使用した電気が発電した電気よりも多い場合は電気代の支払いが必要となります。
ですが、発電した電気が多い場合、売電といって電気を電力会社に買ってもらうことも可能です。
そのため、毎月の電気代には差が出ますが、年間でかなりの額節約することができるようになります。
また、太陽光発電ですが、たくさんの太陽光が降り注ぐ夏場よりも、秋や春のほうが発電効率が良くなっています。
これは太陽光発電が日照時間だけではなくて、気温にも影響を受けるからです。
ただ、そのような季節の諸条件を考えても、太陽光発電を導入することにより年間の電気代は安くなります。


生活と太陽光発電の力 is powered by WordPress | Entries (RSS) and Comments (RSS)| Partnerprogramm Theme